SnykとRapid7が戦略的パートナーシップを拡大し、包括的なクラウドネイティブアプリケーションセキュリティソリューションを提供

Snykによるデベロッパーファーストのアプリケーションセキュリティソリューションと、Rapid7による業界をリードするアプリケーションセキュリティテストと監視ソリューションの恩恵を両社のお客様が享受

Boston, MA — 10月 30, 2020

クラウドネイティブアプリケーションのセキュリティ企業である Snyk と、セキュリティの分析と自動化の業界をリードするRapid7 (NASDAQ: RPD)が、本日、ネイティブアプリケーションのセキュリティをクラウドへの包括的なエンドツーエンドのソリューションを提供し、静的および動的の両方で脆弱性を明らかにするための既存の戦略的パートナーシップをより深化させる計画を発表しました。

本日の発表の以前より、Rapid7の次世代のクラウドWAFとRASPソリューションであるTCellと、Snykによるアプリケーションの開発プロセスに連続的にセキュリティを実現するSnyk Intelは、既に連携が可能でした。今回、発表したパートナーシップの次のフェーズでは、最新のクラウドネイティブアプリケーション開発にとって重要となるコンポーネントを保護する機能を開発者に提供します。これは、Snykによるデベロッパーファーストのソフトウェア構成分析(Snykオープンソースセキュリティ管理)と、静的アプリケーションセキュリティテスト(Snykコード)ソリューションと、Rapid7による業界をリードする動的アプリケーションセキュリティテスト(InsightAppSec)により支えられています。

SCA、SAST、DASTとRASP製品の組み合わせにより、両社のお客様は次のことが可能になります。

  • コードによる検出、実行時の検査による検出にかかわらず、セキュリティ上の欠陥を包括的に発見します。
  • 開発者は、最も差し迫った高リスクの脆弱性の修正と軽減に優先順位を付けることができます。


Snykの創設者/社長であるGuyPodjarnyは、次のように述べています。「Rapid7とのパートナーシップのキックオフは、クラウド移行とデジタルトランスフォーメーションの爆発的な成長によりもたらされました。この極めて重要な時期に、セキュリティチームが最新のDevOpsアプローチを採用しながらペースを維持できるようにするために、協力する新しい方法の発見に引き続きに取り組んでいます。」

Rapid7の脆弱性およびリスク管理担当シニアバイスプレジデントであるCindyStantonは、次のように述べています。「Snykと協力して、アプリケーションのセキュリティリスクを包括的に可視化し、セキュリティチームと開発チームの間に強力な架け橋を築くことを楽しみにしています。」

Snykについて
クラウドネイティブアプリケーションのセキュリティリーダーであるSnykは、世界中のすべてのソフトウェア開発者が迅速に開発し、安全を維持できるようにするというビジョンを持っています。コード、オープンソースライブラリ、コンテナインフラストラクチャ、コードとしてのインフラストラクチャなど、今日のクラウドネイティブアプリケーション開発のすべての重要なコンポーネントを保護するためのプラットフォームを提供しているのは Snykだけです。 Snykのデベロッパーファーストのアプローチにより、テクノロジー主導の企業は、今日のペースの速いデジタル変換の世界でセキュリティを拡張できます。 Snykのセキュリティプラットフォームは、専門家のSnykセキュリティ研究チームによって維持されている業界をリードする独自の脆弱性データベースによって強化されています。このデータベースは、Datadog、Docker、IBM Cloud、Rapid7、Red Hat、TrendMicroなどの戦略的パートナーのセキュリティソリューションも強化しています。同社はあらゆる規模のグローバル顧客と協力して、開発者が既存のワークフロー全体でセキュリティを自動的に統合できるようにしています。

Snykは、世界のプライベートクラウド企業トップ100の決定的なランキングである2020 Forbes Cloud 100に選ばれ、最近、2020年に最も幸せな従業員にとって第3位の中小企業としてComparablyに認められました 。詳細およびSnykの無料試用版については、https://snyk.ioにアクセスしてください。

Rapid7について

Rapid7(Nasdaq: RPD)- ラピッドセブンは、Insight Cloudにより、Visibility - 可視化、Analytics - 分析、Automation - 自動化をもたらすことで、セキュティのさらなる強化を実現しています。ラピッドセブンのソリューションなら、複雑性が解消され、セキュリティ部門がIT部門と開発部門が、脆弱性の削減、疑わしき行動の監視、攻撃の調査と遮断、ルーチン業務の自動化を通じて、より効率的に業務を遂行できるようになります。全世界で、8,500社を超える顧客のセキュリティの向上とセキュアな企業の発展が、ラピッドセブンのテクノロジーやサービスとリサーチに支えられています。より詳細な内容については、ウェブサイトでご覧いただけます。ブログ (英語)や LinkedIn(英語)も是非、ご覧ください。


We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese