2021年:クラウド設定ミスに関するレポート

急激なクラウド化が進む中、クラウドにおけるセキュリティが懸念されています。

Rapid7は、2020年以降に発生した121件のクラウドデータ侵害を調査・分析し、その共通点や共通パターンを見出しました。

本レポートでは、クラウドセキュリティの現状をご理解いただくとともに、注意深くクラウド化を促進するために知っておくべきことを解説しています:

  • 例外となる業界は存在しないこと
    暴露されるデータは業界ごとに異なる傾向に

  • 第三者によって発見されるインシデントが増加
    この事実が侵害の発覚と修正にもたらす影響

  • データ侵害発生の頻度及び規模は増加傾向に
    その要因と対策について

  • クラウド侵害の主な発生要因は設定ミス
    設定ミスが発生する原因とその回避方法とは

本レポートを、安全なクラウド環境構築、運営にぜひお役立てください。

レポートを入手

Rapid7は、9,900社以上のお客様から信頼を得ています。

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese