Rapid7脅威レポート

脅威インテリジェンスとデータサイエンスを駆使してThreat Landscapeについて解説

2020年第2四半期脅威レポートを今すぐ読む

「Threat Landscape」は、常に変化しています。また、組織によって個別の状況は違って見えてしまうものです。どのように見えるかは、どこから見ているかに依存しています。まるで、何もない草原地帯のように見える場合もあれば、脅威が至る所に潜む密集したジャングルのように見える場合もあるのです。

一般的なセキュリティ調査や、高度なインシデント対応フレームワークの開発に繋がるような通り一遍のThreat Landscapeを提供することも可能です。しかし、防御する側の立場で、組織固有のThreat Landscapeをしっかりと把握することの方が重要です。

Rapid7の四半期脅威レポートでは、Rapid7 InsightCloud 、Rapid7マネージドサービス、Rapid7インシデントレスポンスのサービス、Project Sonar、Heisenberg Cloud、Metasploitコミュニティなど、Rapid7の広範なネットワークから得たインテリジェンスを活用して、常に変化するThreat Landscapeを解説しています。 レポートからは、各業界で直面している脅威と、脅威が年間を通じてどのように変化するかを明確に把握することができます。

Rapi7 脅威レポート

2020年版: 2019まとめ、 第1四半期、 第2四半期(9/28日本語版公開予定)
2019年版: 第1四半期第3四半期
2018年版: 第1四半期第2四半期第3四半期第4四半期および2018年のまとめ
2017年版: 第1四半期第2四半期第3四半期第4四半期および2018年のまとめ17のまとめ

(2020年版以降はすべて日本語版を提供)

日経225名柄企業のサイバーエクスポージャーレポート

2019年版:  英語版  日本語版

サイバーセキュリティのコミュニティ間でのコラボレーションと情報共有へのRapid7の取り組みについて詳しくは、プレスリリース(英語)をご覧ください。

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese