insightConnect

ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除

デモンストレーション

ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除

ユーザー権限の管理は重要なプロセスであり、セキュリティに対するさまざまな脅威に対応するために、あらゆる組織が迅速かつ効果的に実行できる必要があります。しかし、現実には、ほとんどの企業が課題を抱えています。セキュリティのオーケストレーションと自動化によって、ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除、インシデントのイベントへの対応など、さまざまなユースケースにおいてユーザーアカウントを手動で管理する必要がなくなります。

新規アカウントのプロビジョニング

組織内のさまざまなツールやシステムに対して必要なアクセスレベルは、従業員ごとに異なります。OktaやActive Directoryなどのツールを簡単にオーケストレーションして、指定されたユーザーアカウントを対象に自動化を開始できます。

退職する従業員のプロビジョニング解除

従業員が退職する理由が何であれ、できるだけ早くそのアカウントにアクセスできなくすることがセキュリティ上のベストプラクティスです。従業員が退職する場合、セキュリティチームとITチームは、自動化された単一のワークフローを通じてそのアカウントを即座に無効にできます。

アクセス用のドアの封鎖

フィッシング攻撃では、ユーザーアカウントが悪用されることが一般的です。セキュリティインシデントが発生した場合、影響を受けたユーザーアカウントを自動的にプロビジョニング解除し、主要システムへのユーザーアクセスを無効にして、脅威が封じ込められるまで必要に応じて権限を取り消します。

InsightConnectのデモンストレーション

お問い合わせ