insightVM

リアルリスクによる優先順位付け

無償試用版はこちら

リアルリスクによる優先順位付け

CVSSベースのリスクスコアでは、結果として数千もの「深刻な」脆弱性が見つかります。大勢のアナリストを抱える企業であっても、そのすべてに対応する時間はありません。Rapid7のリアルリスクスコアは、攻撃者が実際の攻撃でその脆弱性を悪用する見込みに基づく、より実用的な1~1000のスケールになっています。脅威フィードとビジネスコンテキストを基盤とするInsightVMにより、攻撃者の視点で脆弱性を優先順位付けできます。

細分化された詳細なリアルリスク

InsightVMのリスクスコアは、CVSSスコア、マルウェアのリスク、悪用のリスクと使いやすさ、脆弱性が発見されてからの時間を取り入れることで、詳細な1~1000のスケールでリスクを示します。これにより、優先する必要のある脆弱性や、最もリスクの高いアセットが存在する場所を簡単に知ることができます。

統合的な脅威情報フィード

脅威情報フィードは、非常に有益ですが、コストがかかり、扱いにくいことがよくあります。InsightVMには、公開された脅威情報フィードと独自の脅威インテリジェンスが含まれます。この脅威インテリジェンスは、Rapid7の研究と、環境内のアセットに脅威を自動的に関連付けるMDRサービスに基づいており、追加コストは一切かかりません。

ビジネスコンテキストの追加

どのネットワークにも、ビジネス全体の中核となる最も重要なアセットがあります。InsightVMの強力なタグ付けシステムを使用すると、PIIや企業の機密データをホストするシステムなどの重要なシステムに重大度タグを割り当て、それらのアセットを優先的に修正できます。

ライブダッシュボードでのリスクの可視化

詳細なリスクスコアによって傾向分析が容易になります。ダッシュボードを簡単に作成し、長期間にわたるリスクの変化状況を定量化したり、最も重要な改善領域を特定したりすることができます。

InsightVMのダウンロード

InsightVMの評価

InsightVMの評価

すべての項目を入力してください



    Sorry your request cannot be completed at this time. Please reach out to sales at +1-866-7RAPID7 or at sales@rapid7.com.

    We love to give you options. 

    This page is also available in English!

    Switch to English Continue in Japanese