Rapid7 + IntSights

内部と外部のあらゆる攻撃面を掌握する

Cutting Through the Noise with Internal and External Threat Intelligence

With the attack perimeter expanding to everywhere and anywhere, companies of all sizes struggle to monitor and protect against attackers. Collecting telemetry and making sense of vast amounts of data to identify true threats to your businesses is complex and time-consuming. You need more context about threats—across your internal or external attack surface—and the ability to drive proactive and automated threat mitigation.

IntSights and Rapid7 are combining external threat intelligence with community-infused threat intelligence to improve the signal-to-noise ratio and free up time to focus for security teams already stretched too thin.

We’re tackling the expanding threat landscape together, making best-in-class security accessible to all.

Learn More

IntSightsでRapid7 Insightプラットフォームを強化

Rapid7のDetection & Response担当上級副社長のRichard Perkett、チーフイノベーションオフィサーであるLee Weiner、そしてIntSightsの創立者兼CEOであるGuy Nizanが、ESGのJon Oltsikと共に、IntSightsの買収とInsightプラットフォームの強化に向けたRapid7の計画について語ります。包括的でビジネスコンテキストに沿った脅威インテリジェンスを取り入れることで、生産性と優先順位付けの向上、脅威の検知の迅速化、さらにプロアクティブな対応が期待できます。検知および対応において、既にリーダーの位置を築いているRapid7ですが、IntSights Threat Commandを買収することにより、Rapid7のクラス最高の脆弱性管理、クラウドとアプリケーションのセキュリティ機能がさらに向上します。

Rapid7 Insightプラットフォーム:内部と外部の脅威状況を管理下に置く

絶えず存在する脅威と戦うとき、最も重要なのはコンテキストです。脅威への対応だけでなく、その脅威を完全に理解しようとするSecOpsチームにとって、データの拡散と、扱いにくい攻撃対象から生じる複雑さは、大きな課題となっています。Rapid7のInsight Platformは、内部ネットワーク内の脅威を特定して修復するための強力なツールです。しかし、今日のセキュリティの世界では、内部を監視するだけでは安全確保は期待できません。IntSights Threat Commandは、複雑な外部信号を取り込み、それらをコンテキストに応じたインテリジェンスに変換し、ビジネスに損害を与える前に脅威を排除するための事前対策を自動化します。 Rapid7 Insight Platform内に外部脅威インテリジェンスを統合することで、リスクスコアリング、脅威ライブラリ、脆弱性の優先順位付けが強化され、データ、分析、自動化など全体のスケールメリットが得られます。

IntSightsとRapid7のInsightプラットフォームは、お客様の内部・外部のすべての脅威状況を保護します。

その方法をご覧ください

IntSightsがあらゆる規模の企業に脅威インテリジェンスを提供

IntSightsは、手動と自動による収集やインテリジェンス分析、戦略的な脅威探索を組み合わせることで、外部脅威のインテリジェンスを妨害し、クリアウェブ、ディープウェブ、ダークウェブを、あらゆる企業で導入可能なインテリジェンスリソースに変えることができます。 IntSightsの脅威コマンドを利用することで、組織の規模や能力の成熟度にかかわらず、あらゆるSecOpsチームが、拡大し続ける攻撃対象の識別と修復を拡大し、脅威の緩和を自動化することを可能にします。

デモを入手  IntSightsから詳細を聞く

XDR:早期発見、迅速な対応、そしてあらゆる場所の安全を確保

XDRへの移行により、企業が脅威を検知および対応し管理する方法が大きく変わります。XDRは、デジタル資産全体から多様なデータを収集、相関、分析し、脅威を検出して自動化を活用して対応を迅速化します。コンテキストに沿ったインテリジェンスと複数の検知技術、ワークフローを簡素化する自動化技術により、弱いシグナルでも悪意ある活動としての強力な証拠に変換します。

 

Rapid7はすでに、ビジネスニーズに合わせたスピードとスケールで、クラス最高の脅威の検知および修復を提供しています。Rapid7とIntSightsを組み合わせることで、内部と外部の攻撃面を、より正確に、より早期に検出できるようになるため、今まで以上に迅速な対応が可能になります。

詳細

脅威インテリジェンスの進化

攻撃者が組織や情報をどう見ているかを理解することは、SecOpsツールボックス内で最も貴重なツールの1つですが、そのデータの収集と分析は複雑であるため、多くのチームは脅威インテリジェンスの活用まで手が届きません。このビデオでは、ESG上級主要アナリストであるJon Oltsikが、Rapid7とIntSightsのリーダーと対話して、脅威インテリジェンスの進化と現状を分析し、チームが脅威インテリジェンスを効果的に使って攻撃者の一歩先を行く方法について説明します。

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese