insightIDR

クラウド環境の監視

マルチクラウド環境に移行する組織が増えるにつれて、攻撃者が狙う攻撃対象領域が大きく拡張しています。また、さまざまな環境を監視する責任を負うことになるセキュリティチーム、視認性の低下の原因ともなっています。企業の3分の2がマルチクラウド環境に移行しているというデータもあります。これには、セキュリティ担当者の3分の2が燃え尽き症候群に陥っている、というのも頷けるでしょう。

InsightIDRによって、プラットフォームを切り替える手間をかけずに、データを全体的かつ包括的に把握することができます。Insight Agent、Insight Collector、ネットワークセンサーは、ユーザーのアクティビティからログやエンドポイントに至るまで、脅威を受ける環境にあるさまざまなソースからデータを取り込みます。その後、InsightIDRはデータを収集、正規化して属性を付け、さらに変換やクラウド分析のために関連データを付与します。

InsightIDRは、データソースがどこにあっても、迅速かつシームレスに統合できるように設計されています。InsightIDRは、AzureやAWS、オンプレミス環境などの統合により、新たなプラットフォームにアプリケーションやサービスを移行した、ハイブリッド環境を持つ企業に対応しています。また、InsightIDRは、Azureに搭載されている主要な管理ツールやセキュリティツールからデータを収集し、組織のITフットプリント全体からの情報と組み合わせることで、高度な分析を介して悪意のある行動を検知します。InsightIDRは、オンプレミスのネットワーク、エンドポイントやクラウドプラットフォームからの情報にCloudTrailやGuardDutyなどのAWSソースからのデータを集約することで、AWS環境や組織のITフットプリント全体における脅威を発見し、調査することができます。

クラウドへ、そしてその先へ

InsightIDRがどのようにお客様の環境を完全に可視化するかについて説明します。

詳しく見る

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese