insightIDR

セキュリティを侵害されているユーザーと侵入拡大を検出

無償試用版はこちら

セキュリティを侵害されているユーザーと侵入拡大を検出

2017年に発生したハッキング関連の侵害の80%で、盗まれたパスワード、脆弱なパスワード、推測可能なパスワードのいずれかが使われていました。ユーザーは、最大の資産であると同時に、最大のリスクでもあります。InsightIDRは、機械学習を使用してユーザー行動の基準を定め、不正なクレデンシャルの使用や異常な侵入拡大を自動的にアラートで通知します。

insightidr-detect-compromised-user-accounts-product-use-case-img-2.jpg
insightidr-detect-compromised-user-accounts-product-use-case-img-2.jpg

優先順位付けされたアラートの取得

InsightIDRを使うと、ユーザーによる目立った行動がすべて保存され、リスクのあるユーザーのランキングで利用されます。これを活用して、どの領域に時間をかけるかプロアクティブに優先順位付けできます。1日に受信するアラートはわずか10~15個となり、そのすべてがネットワークに関して知っておく必要がある重要な事項についてのものです。

盗難されたクレデンシャルの使用を検出

InsightIDRは、ネットワーク上の活動をその背後にあるユーザーおよびエンティティと自動的に関連付けて、リスクのある行動を検出しやすくします。継続的に組織内の正常なユーザーアクティビティをベースラインとすることで、InsightIDRは、定義された侵害の兆候よりも広い範囲を対象に、企業の従業員に偽装している攻撃者を確実に検出します。

ディセプションテクノロジーで攻撃者に対処

攻撃者のすべての兆候がログデータに表れるわけではありません。そのため、InsightIDRには、ハニーポット、ハニーユーザー、ハニークレデンシャル、ハニーファイルなど、侵入者に対するトラップのスイートがあります。これらのトラップは、他のツールでは見逃してしまう侵害の兆候を早い段階で明らかにします。

InsightIDRの試用版を利用してみませんか?

30日間の評価

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese