30日間の無償評価: 最新のネットワーク向け脆弱性管理

大変お手数をおかけしますが、システム処理の都合上、フォームの必要情報は英語にてご記入願います。

環境全体のリスクを把握

脆弱性は常に発生し続けています。脆弱性の検出と優先順位付けを行い、リスクが修正されたことを確認するには、インテリジェンスを常に活用する必要があります。 

InsightVMは、クラウド・ベースのセキュリティおよびデータ分析ソリューション、Rapid7 Insightプラットフォームを活用します。

最新のネットワークについて理解

クラウド・サービス、仮想インフラストラクチャ、コンテナ・レジストリと接続し、新しいデバイスを自動的に評価します。また、ダッシュボードを使用し、今現在のインフラストラクチャのリスクを、変化が生じるなかで把握できます。

攻撃者観点での思考にてリスク評価

脅威データとMetasploitが提供する脆弱性が悪用される可能性についての統合された情報を活用することで、CVSSのスコアだけに頼ることなく、攻撃者観点の思考にて脆弱性に優先順位を付けることができます。これによって、現実のリスクを確実に軽減できます。

シームレスに修正

修正の作業を割り当て、進捗状況をリアルタイムで追跡し、JIRAまたはServiceNowと連携することで、ITチームの既存のワークフローに、修正をシームレスに組み込むことができます。これによって、修正とリスクの軽減を迅速に行うことができます。