レポート: Ransomware データ公開のトレンド

国内でも相次ぐランサムウェア被害。特にここ数年は、単にデータを暗号化するだけでなく、情報を窃取し、ディープウェブやダークウェブで公開すると脅迫する、「二重脅迫型」に変化してきています。

本レポートでは、Rapid7独自のクリアウェブ、ディープウェブ、ダークウェブに関する分析に基づき、二重脅迫型ランサムウェアによるデータ公開傾向を分析しました。これは、Rapid7として初の試みとなります。

本レポートでは、攻撃者が、窃取し公開しないことを条件に、被害者に身代金支払い

を請求する、その実際のデータの傾向について説明しています。また、攻撃者がどういう基準で公開する情報の種類やタイミングを決定しているかについても明らかにしています。

本レポートでは以下の内容をカバーしています:

  • 攻撃者によって公開されたデータのタイプと傾向
  • 標的となる業種や攻撃グループごとの漏えいデータの違い
  • ランサムウェア市場の推移

ダウンロード

Rapid7 is trusted by over 10,000 customers

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese