Rapid7が、大手独立系調査会社のセキュリティ分析レポートにて「Strong Performer」に選定

Boston, MA — 11月 30, 2020

セキュリティ分析と自動化の大手プロバイダーであるRapid7、Inc.(NASDAQ:RPD)は本日、Forrester Research、Inc.からForresterWave™:Security Analytics、2020年第4四半期のレポートで「Strong Performer」として認められたことを発表しました。報告書では、さらに顧客のフィードバックに基づいて「展開と運用の容易さ」が強みと見なされたと述べられています。

今日のセキュリティチームは、リモートワーカー、リソースの制約、および拡大し続ける攻撃対象領域という増大する課題に直面しています。 Rapid7のInsightIDRのような効果的かつ効率的なセキュリティ情報およびイベント管理ソリューション(SIEM)にアクセスして、リスクを正確に管理することが重要になっています。

検知と対応プラクティス担当シニアバイスプレジデントであるRichPerkettは、次のように述べています。「従来のSIEMソリューションは、今日のIT環境の複雑化の進展に合わせて進化をしていません。実際には、逆に複雑化を助長しています。InsightIDRは、実際の脅威に焦点を当てて、環境の可視性を高め、自動化によって応答時間を短縮することで、セキュリティチームの有効性を高めるように構築されています。今年のForresterWaveでの「Strong Performer」としての評価は、InsightIDRへの投資がお客様のニーズを真に満たすために役立ったことを証明していると信じています。」


レポートの内容について詳細は、https://www.rapid7.com/info/forrester-wave-security-analytics-2020にアクセスしてください。

Rapid7のSIEMソリューションの詳細については、Webサイトにアクセスするか、InsightIDRのデモをご覧ください。

出典:Forrester Research、Inc.、The ForresterWave™:Security Analytics、2020年第4四半期のレポート」、JosephBlankenshipとClaireO'Malley、Stephanie Balaouras、Alexis Bouffard、Peggy Dostie、2020年12月1日。

InsightIDRについて

InsightIDRはセキュリティに役立ちますチームは、脅威検知とインシデント対応のプログラムを成功させるために最も重要なことに焦点を当てています。主な利点は次のとおりです。

  • 短期に投資回収:SaaSでのライトウエイトな展開とソフトウェアベースのデータ収集
  • 多様なIT環境全体でインスタントの可視性:オンプレミスおよびリモートエンドポイント、ネットワークトラフィック、クラウド環境、ユーザの活動、およびWebアプリケーション

  • 高信頼性:アナリストが自信を持って対処できるようにRapid7チームによって厳選された検知機能
  • 高度なコンテキスト調査と自動化によりインシデント対応を加速


 

Rapid7について

Rapid7(Nasdaq: RPD)- ラピッドセブンは、Insight Cloudにより、Visibility - 可視化、Analytics - 分析、Automation - 自動化をもたらすことで、セキュティのさらなる強化を実現しています。ラピッドセブンのソリューションなら、複雑性が解消され、セキュリティ部門がIT部門と開発部門が、脆弱性の削減、疑わしき行動の監視、攻撃の調査と遮断、ルーチン業務の自動化を通じて、より効率的に業務を遂行できるようになります。全世界で、8,500社を超える顧客のセキュリティの向上とセキュアな企業の発展が、ラピッドセブンのテクノロジーやサービスとリサーチに支えられています。より詳細な内容については、ウェブサイトでご覧いただけます。ブログ (英語)や LinkedIn(英語)も是非、ご覧ください。


We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese