脆弱性管理
マネージドサービス

脆弱性管理業務のアウトソーシングで環境全体の修復プロセスを最適化

サイバーセキュリティ無料コンサルテーション

リスクの軽減と時間短縮

リスク軽減と時間短縮で、チームはより重要度の高いセキュリティ対策に注力できます。

プログラム成功へ向けて

お客様毎に異なる状況に合わせて最適化された包括的な脆弱性管理プログラムを提供します。

ゴール達成を支援

セキュリティ成熟度を問わずチームの一員として脆弱性管理プログラムを加速化します。

脆弱性管理マージドサービスのメリット

  • 運用業務時間の短縮
  • 脆弱性スキャン結果の監査
  • 脆弱性の優先順位付け
  • ポリシーや業務フロー、プロセスの策定
  • 専任のセキュリティーアドバイザー
  • InsightVMのフルアクセス
  • コンテキストに基づく脆弱性のレポーティング
  • プログラムのリスクと投資対効果の測定
  • コンプライアンス対応の支援
  • 独自の脅威インテリジェンス

Rapid7の脆弱性管理マネージドサービスを選ぶ理由

Rapid7は、10年以上にわたって脆弱性管理の分野でお客様をサポートしてきました。脆弱性管理で市場をリードするソリューションを提供しています。お客様によってはテクノロジーの提供だけではセキュリティプログラムを成功に導くことができません。ビジネス固有の状況を考慮した上で重要となる脆弱性に対して優先順位付けと修正を行う効果的な脆弱性管理プログラムを実施するには時間と人的リソースが必要となります。

Rapid7の脆弱性管理マネージドサービスなら、包括的なアセットの検出、クラウドの構成、コンテナの評価、レポートなどを含めInsightVMのすべての機能とRapid7の脆弱性管理チームを活用できます。Rapid7の脆弱性管理チームが提供するお客様毎にカスタマイズされた推奨事項が、脆弱性管理プログラムの管理、実行および最適化に役立ちます。推薦事項によって、日常業務の負担を解消できるだけでなく、他の領域のセキュリティプログラムに人員や時間、リソースを割り当てることができるため、リスクエクスポージャーを可視化し、包括的にセキュリティを強化することが可能です。

お客様専任のセキュリティアドバイザーと共に、Rapid7の脆弱性管理チームが、システムの構成やスキャン、レポーティングを行います。お客様のチームは、トレーニングに時間をかけたり、他の重要な施策を実施する時間を犠牲にしたりする必要がなくなります。お客様のチームの一員としてサポートするので、お客様はより優先順位の高いプログラムを実施できます。お客様のチームが実施するのは実際の修復作業だけです。

サイバーセキュリティならどんなご相談でもお問い合わせください

無料コンサルテーション