脆弱性管理プログラムの価値に対して理解を得るための4つのステップ

脆弱性管理は、延々と続く山登りのように感じられることがあります。

InsightVMを活用してピークパフォーマンスでの運用を可能にし、経営層が見通しを立てやすくする方法をご紹介しましょう。

山のアイコン

データの山に埋もれてお困りですか?

プログラムの有効性を測定するのに適切なメトリックを特定しましょう

方法を見る
ワークフローアイコン

ワークフローを手作業でたどるのに時間がかかりすぎていますか?

現在のアプローチとテクノロジーがプログラムのゴール達成に繋がるかどうか把握しましょう

方法を見る
リスクアイコン

セキュリティリスクをビジネスリスクに変換するためにサポートが必要ですか?

経営層のためにビジネスコンテキストを反映させた成果によって価値とROIを証明しましょう

方法を見る
進路アイコン

プログラムに適した進路を決めるのが難しいですか?

情報に基づいて影響力のある意思決定を行うために必要なデータを特定しましょう

方法を見る

4つの実践可能なステップを通じてプログラムの価値を証明し、信頼と評価を得て予算を確保する方法をご覧ください。

eBookをダウンロード
山の境界線 山の境界線

価値を証明するための4つのステップ

スキー小屋
ステップ1

効果のない指標からの脱却

私たちは長年にわた
り、戦略的に価値のある指標というよりも、容易に入手できる指標に依存してきました。eBookをダウンロードして読む
  • CVSSスコアやスキャンされた資産数といった従来の管理指標が時代遅れになっている理由
  • 運用効率のみを報告する場合の欠点
  • 経営層への影響が限定された運用指標の例
スキーリフト
ステップ2

意味を持つ指標の活用

経営層に印象に残るポジティブな印象を与えるためには、まずセキュリティへの影響をビジネスへの影響として伝えることから始めましょう。
eBookをダウンロードして読む
  • 重要リスク指標(KRI)を重要業績指標(KPI) に変換する方法
  • セキュリティ目標を他の部門やチームのものと合わせる方法
  • ビジネスと明確に結びつくセキュリティ指標の例
屋外デッキ
ステップ3

ゴール設定と継続維持できる報告プロセス

適切なデータを収集することは重要です。しかし、長期的な成功を手にするには、常に説明責任を明らかにして継続維持できるレポートループを形成することが欠かせません。
eBookをダウンロードして読む
  • プログラムにゴールとサービスレベル契約(SLA)を課すことの重要性
  • 経営層に進捗状況を伝える方法の例
  • 効果的なレポートに重要な特性
登山
ステップ4

プログラムのゴール達成に繋がるテクノロジーの導入

戦略を決めた後は、現在のテクノロジーソリューションが全体的なアプローチを支援するものであるか評価する必要があります。
eBookをダウンロードして読む
  • 選択した脆弱性管理ソリューションによってプログラムの成否が決まる理由
  • ソリューションを評価する際の検討事項
  • 貴社が進化を遂げるための開始点としてRapid7 InsightVMが最適なソリューションであると弊社が信じる理由
    (簡潔な説明です)
eBook

現状打破まであと一歩です

これまでの功績を経営層に理解してもらいましょう。4つの実践可能なステッ
プを通じてプログラムの価値を証明し、信頼と評価を得て予算を確保する方法をご覧
ください。

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese