より大きな視点で経営層からセキュリティプログラムの理解を得るには

適切な脆弱性管理を実現するのはとても険しい道のりです

InsightVMなら業務を効率化し経営層からセキュリティ対策へのより良い理解を得ることが可能です。

eBookをダウンロード

スクロールしてください

出発の準備はできましたか?

スクロールして出発

脆弱性データの山に埋もれてどこから始めれば良いかさっぱりわかりません。

ライブダッシュボードで最重要項目を可視化する
クエリビルダーでデータを細かく分析する
リアルリスクでビジネスコンテキストによって優先順位をつける
調査にかかる作業量を33%削減
山頂の画像
「CVSSのスコアが静的なデータだった点が問題でしたが、InsightVMのリアルリスクのスコアリングによって、当社のビジネスにとって重要な課題を優先させることができるようになりました。」
—情報セキュリティマネージャー、金融サービス業界
山底の画像

修正作業の手間を省いてスピードアップ

煩雑なルーチンワークを手作業でやっつけていくので時間が一杯になって、効果測定までなかなか手が回らない。

修正プロジェクトでメールタグを排除
パッチと封じ込めのワークフローを自動化
ソリューションの活用で修正作業の効果を最大化
パッチ作業量を60%削減*
山頂の画像
「InsightVMが、チームの作業量を大幅に削減してくれました。プラットフォームを活用することでセルフサービスにできるので、セキュリティ対策のルーチンワークの時間を短縮させて、他の重要な仕事に時間を使うことができます。」
— 情報セキュリティ担当ディレクター、医療業界
山底の画像

木々の向こうに見えるもの

セキュリティプログラムにとって最適な方法を選択するために必要な情報が手元にあるかどうか心配だ。

脆弱性検出の精度を向上させる*
ライブダッシュボードで深く掘り下げたり全容を俯瞰する
誤検知アラートを22%削減
山頂の画像
「Rapid7のライブダッシュボードを使用すると、環境に存在するリスクをリアルタイムで軽減するために必要な作業が何か明確に把握できます。」
— Sierra View Medical Center、情報セキュリティ責任者 Scott Cheney
山底の画像

共に新たな高みに到達

経営層に対してセキュリティリスクがどのようなビジネスリスクにつながるか説明が必要。

ゴールとSLAを追跡
経営層のためにレポートをカスタマイズ
レポート作成にかかる時間を40〜50%削減*
山頂の画像
セキュリティの価値を認めてもらうのは不可能のように思われるかも知れません。ラピッドセブンにお任せください。経営層からセキュリティプログラムの価値を認めてもらう方法を手ほどきします。eBook脆弱性管理プログラムの価値に対して理解を得るための4つのステップを今すぐご覧ください。

今すぐ読む 「セキュリティにおける最大の課題は、問題の経緯を説明し、それがビジネスにとって何を意味するか、またどのように修正すべきか伝えることです。InsightVMを使用すると、この経緯の大部分を一つの場所から伝えることができます。」
—情報セキュリティマネージャー、金融サービス業界
山底の画像
*Rapid7 InsightVMのTotal Economic Impact™は、Rapid7の委託によりForrester Consultingが2019年11月に実施した調査です。

現状打破まであと一歩です

eBookカバー
これまでの実績を経営層にきちんと理解してもらいましょう。プログラムの価値を認めてもらい、信頼と評価を得て予算を確保する方法については、eBook「脆弱性管理プログラムの価値に対して理解を得るための4つのステップ」をご覧ください。
登山口に戻る

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese