Rapid7は、脅威インテリジェンスのリーダーであるIntSights社の買収と、2021年第2四半期度の好調な決算を発表

IntSights社は、クラス最高のクラウドネイティブな外部脅威検知機能を提供し、業界をリードするRapid7社のセキュリティ運用プラットフォームをさらに拡張し、クラス最高の外部および内部脅威の検出、自動化、修復をエンド・ツー・エンドでお客様に提供します。新たに組み合わされた機能により、Rapid7のクラス最高のクラウドネイティブなXDRサービスが強化され、S/N比の向上、脅威の早期発見、応答の迅速化を実現します。

ボストン, MA — 7月 19, 2021

セキュリティ分析と自動化の主要なプロバイダであるRapid7, Inc.(NASDAQ:RPD)は、本日、コンテキストに沿った外部脅威インテリジェンスとプロアクティブな脅威軽減分野のリーダーであるIntSights Cyber Intelligence Ltd.を買収したと発表しました。合意条件に基づき、Rapid7は、調整を前提に、3億3,500万ドルを支払いIntSights社を買収します。

デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、攻撃対象が急激に増加しているため、セキュリティチームは、内部および外部の環境に応じた脅威を早期に検知することが不可欠になっています。しかしながら、ほとんどのセキュリティチームではリソースが不足しており、過剰な負担を強いられている状態で、管理する環境から大量に送られてくるデータの中から、直ちに対応すべき事項を特定するのに苦労しています。

Rapid7は、IntSights社を買収することで、自社のコミュニティに蓄積された脅威インテリジェンスとお客様の環境に対する深い知見を、IntSightsの外部脅威インテリジェンス機能と組み合わせます。これによりお客様は、組織の規模やセキュリティ成熟度に関わらず、脅威の一元的な把握、攻撃対象のモニタリング、関連性の高い洞察力、積極的な脅威の軽減を実現することができます。また、今回の買収により、Rapid7の業界をリードするクラウドネイティブなXDR(Extended Detection and Response)サービスであるInsightIDRが強化され、高品質で忠実なアラートを実現することで、効率的なセキュリティ運用、脅威の早期発見、対応時間の短縮が可能になります。

IntSightsを利用することで、組織はその規模や成熟度に関わらず、脅威インテリジェンスプログラムのメリットを最大限に享受しながら、同時にセキュリティチームの作業負担を大幅に軽減できます。現在市場にみられる他の多数の脅威インテリジェンスツールとは異なり、IntSightsは、識別から緩和、修復にいたるまで、外部からの脅威を継続的にカバーできるため、今日のセキュリティ運用チームが必要とする生産性と成果を促進することができます。 

Rapid7のInsightプラットフォームは、今日の市場にある製品の中でも最も包括的なセキュリティ運用プラットフォームの1つであり、検知および対応、脆弱性管理、クラウドセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、セキュリティ オーケストレーション、そして自動化にいたるまでの、幅広い最善の機能を備えています。XDR製品を強化し、独立した脅威インテリジェンス製品を販売するだけでなく、Rapid7はIntSightsの外部脅威インテリジェンス機能を自社のプラットフォームに取り込むことで、自社の全ソリューションポートフォリオの脅威の特定と修復をより迅速化します。

Forosは、Rapid7のファイナンシャルアドバイザーを務めました。

コメント

「今日のサイバーセキュリティは不利な戦いであり、確率的には常に攻撃側が優勢です」とRapid7の会長兼CEOであるCorey Thomasは述べています。「IntSightsとRapid7の両社が共に成功するためには、内部および外部の脅威を一元的に把握し、コンテキストに応じたインテリジェンスと自動化された脅威を緩和できる機能を備えることで、セキュリティチームが最も重要な脅威に集中できるようにしなければならないと考えています。お客様のためにこのビジョンを実現するため、IntSightsと提携できることを楽しみにしています。」

「今日、利用できる脅威インテリジェンス情報は数多くありますが、その多くはコンテキストに欠けており、警告のノイズを増やすだけで、すでに過剰なほどの負担を強いられているセキュリティチームの作業をさらに増やしています」とRapid7のdetection and response担当上級副社長であるRichard Perkettは述べています。「IntSightsの外部脅威インテリジェンス機能をRapid7のXDRソリューションであるInsightIDRに統合することで、セキュリティチームは従来の環境と最新の環境全体に対する内部および外部の脅威をこれまでにない方法で可視化し、検出できるようになります。これにより、統一されたエクスペリエンスの中で調査、脅威ハンティング、および封じ込めの自動化をすべて実現できます。」

「私たちは、あらゆる種類や規模の組織が脅威インテリジェンスに即座にアクセスして、アクションをとることができるようにと考えて、IntSightsを設立しました」と、共同創設者兼CEOであるGuy Nizanは述べています。「Rapid7に参加して、今後もこのミッションを継続し、さらに多くのお客様に当社の脅威インテリジェンス機能を提供できることを楽しみにしています。」

「今日の無秩序に広がった攻撃対象領域と、脅威アクターの洗練されたレベルを考えると、強固な脅威インテリジェンスプログラムの重要性は、どれほど強調しても足りません」と、Enterprise Strategy Group(ESG)の上級主任アナリスト兼研究員であるJon Oltsikは述べています。「脅威はどこからでも現れます。そのため、内部および外部の脅威状況を可視化できることが不可欠です。IntSightsを買収したことで、Rapid7は脅威インテリジェンスのギャップを埋める独自の地位を得ることになり、お客様の真の脅威の早期発見、対応の迅速化、修復の自動化を実現します。」

2021年第2四半期中間集計

Rapid7では、2021年6月30日に終了した第2四半期の年間経常収益(ARR)の暫定的な推定値を発表しました。現在入手可能な情報に基づいて、Rapid7は2021年第2四半期のARRを約4億8,900万ドル(前年比29%増)と予想しています。さらに、Rapid7は、2021年第2四半期の売上高と非GAAP収入は、2021年5月6日に発表したRapid7の前回のガイダンスを大幅に上回ると予想しています。同社は、2021年8月4日に開催される第2四半期決算に関する発表で、決算の全容について説明する予定です。

その他のリソース

今回の買収の詳細については、こちらをご覧ください。

電話会見とウェブキャスト情報

Rapid7は2021年7月19日午後4時30分(米国東部時間)に電話会見を開催し、買収についての説明を行います。会議へは、877-357-4230(国内)または629-228-0721(国際)から、お電話でご参加ください。この電話会見は、同社のウェブサイト(https://investors.rapid7.com)にあるウェブキャストからもライブ中継されます。電話会見の再視聴は、855-859-2056または404-537-3406 (アクセスコード1889673)から、2021年7月26日までご利用いただけます。ウェブキャストの再視聴は、https://investors.rapid7.comからご覧いただけます。

将来の見通しに関する記述

このプレスリリースには、連邦証券法に規定される意味での将来の見通しに関する記述が含まれています。これらの記述には、IntSightsの買収が、Rapid7の製品、戦略と今後の運用結果、そして2021年6月30日に終了した四半期までのRapid7の中間決算結果と主要な指標に及ぼす影響が含まれますが、これに限定されるものではありません。将来の見通しに関する記述には、歴史的事実ではないすべての記述が含まれています。場合によっては、将来の見通しに関する記述は、「予想」、「推定」、「期待」、「意図」、「かもしれない」、「計画する」、「可能性」、「だろう」といった言葉やそれに類似する表現と、これらの言葉の否定形によって識別できることがあります。将来の見通しに関する記述には、大きなリスクと不確実性が含まれており、Rapid7の想定と実際の結果が大きく異なる可能性があります。これらのリスクと不確実性には、市場のリスクと傾向、状況が含まれます。これらのリスクとその他のリスクについては、2021年3月31日終了時点の四半期報告書として米証券取引委員会に提出されたRapid7の四半期報告書Form 10-Qの「リスク要因(Risk Factors)」セクションに記載された内容を含め、Rapid7が米証券取引委員会に提出する報告書により詳細に説明されています。これらのリスクを踏まえ、このような将来への見通しに関する記述を過度に信用するべきではありません。将来への見通しに関する記述は、このプレスリリースが発表された時点でのRapid7の意見と推測のみを表しています。Rapid7は、将来への見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

 

Rapid7について

Rapid7(Nasdaq:RPD)は、Insightプラットフォームを通した可視性、分析、自動化により、組織のセキュリティを向上させています。Rapid7のソリューションは、複雑なものを簡素化します。セキュリティチームは、IT部門および開発部門と効果的に協力できるようになり、脆弱性の削減、悪意のある行動の監視、攻撃の調査と遮断、ルーチン業務の自動化が可能になります。8,900社以上のお客様が、Rapid7のテクノロジー、サービス、調査を信頼してセキュリティを向上させ、組織の安全な発展を実現しています。詳細については、Rapid7のWebサイトまたは、ブログを参照してください。LinkedInでも情報を提供しています。

IntSightsについて

IntSights社は、あらゆる種類や規模の組織が、自社の脅威インテリジェンスプログラムの範囲や成熟度に関わらず、外部脅威インテリジェンスを最大限に活用できるようにすることで、脅威インテリジェンスを使いやすくします。市場にある多数の他のソリューションとは異なり、IntSightsは脅威インテリジェンスから複雑さを取り除き、従来の脅威インテリジェンスソリューションに必要とされる大量のリソースの扱いや割り当てを必要とせずに、即座に価値を提供します。拡張性を考慮して設計されたIntSightsは、リアルタイムのサイバー脅威インテリジェンスと、既存のセキュリティのインフラストラクチャをスムーズに統合するため、組織は投資対効果を最大化することができます。 IntSightsは、アムステルダム、ボストン、ダラス、ニューヨーク、シンガポール、テルアビブ、東京にオフィスを構えています。


Rapid7 Media Relations

Caitlin Doherty

Senior Public Relations Manager

+1 857—990—4240

press@rapid7.com

Rapid7 Investor Relations

Sunil Shah

Vice President, Investor Relations

+1 857—990—4074

investors@rapid7.com

IntSights Media Relations