Gartner社によるSIEMのマジッククアドラント

Gartner社によるSIEMのマジッククアドラントとは?

ガートナー社のSIEM市場の定義は「標的型攻撃およびデータ侵害の早期検知のため、イベントデータをリアルタイムで分析し、インシデント対応、フォレンジック、規制へのコンプライアンスのためログデータを収集、保存、調査、報告する顧客のニーズ」です。

ガートナー社によるセキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)のマジッククアドラントは、SIEM市場およびそのベンダーの状況を紹介するため1~2年ごとに発表されるレポートです。ガートナー社は、「実行能力」と「ビジョンの完全性」について組織を評価します。これらのレポートは、SIEMツールの評価に加えてさまざまな業界とテクノロジーについて発表され、どのベンダーやサービスがそれぞれのニーズに適合するかについて企業が評価する際の強力な情報源として利用されます。

ベンダーの位置付け

ガートナー社は、一連の組織とそれぞれのSIEMビジネスを実行能力とビジョンの完全性の項目に基づいて分析した後、各ベンダーを特定市場志向型、チャレンジャー、概念先行型、リーダーという4つのカテゴリーに位置付けます。

特定市場志向型は一般に、小規模な市場セグメントに焦点を合わせてそこで優れた成果を上げているか、提供する製品やサービスのイノベーションが停滞している企業です。チャレンジャーは通常、それぞれの市場セグメント(これは大規模な場合もあります)において優れた成果を出しているものの、将来的なマーケットの方向性に合わせて自社のプログラムがどのように進化していくかについて確固とした理解を示していません。概念先行型は、多くの新しいアイディアを持っていますが、まだそのビジョンの実現においては依然として成功を証明する過程途上にいます。一方の責任者は、一般に現在の市場において優れたポジションを持ち、将来の方向性も理解しています。

マジッククアドラントは常に進化しており、特定の市場における組織の総合的な投資とビジョンによって組織の位置づけは毎年変化します。

ガートナー社による2021年SIEMのマジッククアドラントアセスメントの評価基準

ビジョンの完全性

市場の理解:現在および新しい購買者のニーズを理解して、それらのニーズを製品やサービスに変換するベンダーの能力。

マーケティング戦略:明確で差別化されたメッセージが一貫して社内で共有されていて、ソーシャルメディア、広告、消費者プログラム、ポジショニングステートメントを通じて社外に発信されている。

セールス戦略:直接販売と間接販売、マーケティング、サービスとコミュニケーションなど、適切なネットワークを利用する販売のための堅固な戦略。

提供品(製品)戦略:市場での差別化、機能、手法、特徴と、それらが現在と将来の要件にどのように対応するかに重点を置いた製品開発および製品提供へのアプローチ。

業種 / 業界戦略:規制条件の対象であったり、運用テクノロジーまたはモノのインターネットのユースケースに対応したりする業界のバーティカルを含む、異なる市場セグメント特有のSIEM要件に対応するためのベンダー戦略を評価します。

イノベーション:最重要な顧客の要件に独自の方法で対応して競合相手と差別化される、ベンダーによるSIEMテクノロジーの開発と提供を評価します。

地理的戦略:地域や市場に合わせて直接、または、パートナーやチャネル、子会社を介し、本拠地あるいは地元以外の地域に特有のニーズに対応するリソースやスキル、製品、サービスの提供を実現するためのベンダーの戦略。

実行能力

製品 / サービス:SIEM市場で競争する主要製品。これには、現在の製品機能、品質、特徴などが含まれます。

全体的な実行可能性(ビジネスユニット、財政、戦略、組織):財政:ベンダー全体の収益およびビジネス部門の財政的成功および実際の成功のアセスメントを含みます。

販売実施 / 価格:SIEM市場におけるテクノロジープロバイダの成功度とプロバイダによる販売前活動の能力を評価します。

市場への応答性と実績:購買者が示した機能要件に対するSIEM製品の整合性と、市場が必要とするようになった際に新しい機能を提供したかどうかのベンダーの実績を評価します。

マーケティング実施:市場に影響を与え、ブランドを宣伝し、製品の認知度を高め、顧客の心情にプラスの印象を築くための、組織のメッセージを提供するように設計されたプログラムの明確さ、品質、創造性と有効性を評価します。

顧客体験:販売前、販売、製品機能、本番環境でのサービス体験を評価します。

運用:複数の業種市場、組織規模や地域全体における、組織のサービス、サポート、セールスリソースについて評価します。

ガートナー社によるSIEMマジッククアドラントのコンテキスト

マジッククアドラントの主要な目的は、特定の市場のベンダーの位置づけを行うことです。これにより、テクノロジーやサービスの利用について検討する際に、組織はそれぞれの目標、ニーズや優先順位を考慮することができます。マジッククアドラントは、業界、企業規模、地域ごとの分析を提供するため、ビジネスにとって最大限に役立つものとなります。

レポートには、各ベンダーの強みと注意事項、さらにベンダーやSIEM全体の状況を評価するために利用した手法の詳細も含まれます。マジッククアドラントに加え、ガートナー社は、マジッククアドラントを補完するクリティカル・ケイパビリティ・レポートもリリースします。このレポートは、マジッククアドラントで取り上げられた各製品と各ベンダーに対する追加のインサイトを提供します。

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese