広がり続ける攻撃可能領域を守り続けていくためには?


リスクコンプリートパッケージに関するお問い合わせ

継続的なクラウドセキュリティとコンプライアンスによりコストを抑え、リスクを軽減

Traditional tools struggle to keep up with dynamic cloud environments, and complete risk coverage often requires a patchwork of solutions across different vendors. But it doesn’t have to be this way. With Cloud Risk Complete, reducing risk across your business while containing costs might just be simpler than you think.

一つのソリューションで
環境全体をカバー

Rapid7「リスクコンプリートパッケージ」は、脆弱性管理と動的アプリケーションセキュリティテスト、およびクラウドセキュリティを一つのサブスクリプションで提供するものです。

Rapid7「リスクコンプリートパッケージ」によって、今まで個別に管理が必要だったエンドポイントやサーバーの脆弱性対策や、Webアプリケーションの脆弱性、クラウドの設定や構成ミスを、集中管理することが可能になります。


各環境に特化した、最適なソリューションで、リスク評価を加速します。


アプリケーション、オンプレミス、クラウドの各環境のリスクを包括的に把握することができます。


従来、インフラセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、クラウドセキュリティにかかっていた予算を、1つのサブスクリプションに統合することができます。

リスク全体を網羅するために

Rapid7「リスクコンプリートパッケージ」 は、脆弱性管理、Webアプリケーションセキュリティ管理、クラウド管理を一元化します

Risk Image 1
Risk Image 1

コンプライアンス監視の自動化

あらかじめ設定されているポリシーや、個別に設定したポリシーに基づき、継続的にコンプライアンスを監視します。

Risk Image 2

リスクをリアルタイムに検知

環境内で起こっていることを全てリアルタイムで監視、可視化。リスクが発生した場合には即座に検知します。セキュリティチームは、最新の状況を常に把握することができるため、適切な対応を実行することができるようになります。

Risk Image 3

リスクに優先順位づけを

データや脆弱性、脅威、設定構成ミスなどに関する、コンテキストに裏打ちされた情報に基づき、セキュリティチームは、優先対応が必要な項目を把握し、効果的な対応を実行できます。

Risk Image 4

あらゆる場所でのリスクを軽減

エンドポイント、クラウド、仮想インフラなど、あらゆる環境におけるリスクを明確にし、修正します。

Risk Image 5

動的アプリケーションテスト

Webアプリケーションに対するセキュリティテストと、テストの開発ワークフローへの統合や、攻撃の再現、修正の検証などを実施し、Webアプリケーションのリスクを低減します。

セキュリティコミュニティにおける信頼

Rapid7は、世界中の組織から信頼されているセキュリティパートナーです。しかし、私たちがそう言っても信じていただけないかもしれません。Rapid7のソリューションがどのようにセキュリティチームを支え、リスク管理を効率化しているのか、ぜひご自身の目でお確かめください。

お問い合わせ

Rapid7「リスクコンプリートパッケージ」についての詳細はこちらからお問い合わせください

リスクコンプリートパッケージについてのお問い合わせ

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English