insightAppSec

攻撃のリプレイ機能

無償試用版はこちら

攻撃のリプレイ機能

攻撃のリプレイによって、開発者は、スキャンを実行せずに独自に脆弱性を確認できます。静的レポートでは脆弱性の存在を証明するのに不十分な場合があります。開発者には、問題を簡単に再現する方法が必要です。そのために攻撃のリプレイを利用できます。開発者は、脆弱性に対する修正を実装したあと、即座にその作業をテストできるため、迅速にチケットをクローズし、同時にアプリケーションのセキュリティリスクを低減できます

セキュリティチームと開発チームの間の問題を解消

セキュリティチームと開発チームは、セキュリティバグが発生したときに必ずしも意見が一致するわけではありません。開発チームは、他の優先事項との兼ね合いもあり、脆弱性レポートと、そこに記載されている問題の妥当性には懐疑的になることがあります。InsightAppSecの攻撃のリプレイ機能によって、開発者は、脆弱性の特定に使用できる記録されたHTTPトラフィックをリプレイし、レポートから脆弱性を直接検証できます。

開発部門が必要とするツールを提供して支援し、時間を節約

開発者がセキュリティバグを調査してソースコードのパッチを作成したあと、脆弱性が修正されたかどうかを確認するには、一般的にはパッチが適用されたバージョンを追加でスキャンする必要があります。攻撃のリプレイ機能によって、セキュリティチームが追加の検証スキャンを実行するまで開発者が待つ必要はなくなります。開発者自身がパッチに対して元の攻撃トラフィックをリプレイし、修正を確認できます。

30日間の無償評価を開始

InsightAppSecの評価

InsightAppSecの評価

すべての項目を入力してください



    Sorry your request cannot be completed at this time. Please reach out to sales at +1-866-7RAPID7 or at sales@rapid7.com.