insightVM

IT部門連携の修正プロジェクト

無償試用版はこちら

IT部門連携の修正プロジェクト

1,000ページに及ぶ修正レポート、複雑なスプレッドシート、混乱を招く電子メールのやり取りをなくします。修正プロジェクトによって、セキュリティチームは、リアルタイムで修正作業を割り当てて追跡し、問題が適切に修正されているか継続的に可視化できます。InsightVMをITのチケットシステムと直接連携させて、修正機能を日々の作業にシームレスに組み込むことで、対応を強化できます。

IT部門連携の修正プロジェクト

ほとんどの静的修正レポートは、修正すべき脆弱性のリストが大量に記載されているだけです。Rapid7は、修正情報にはソリューションを伴う必要があると考えています。InsightVMでは、多数の脆弱性を修正する1個のパッチを適用する方法など、最大のリスクを軽減することにつながる個々の手順を特定します。

チケットソリューションとの連携

Atlassian JiraやServiceNowとの製品内連携は、簡単に設定でき、修正機能をIT部門の既存のワークフローに自動的に組み込むことができます。

修正の進捗のライブトラッキング

私たちは、次回のスキャンの前に修正が実装されているだろうという希望的観測に慣れてしまっています。InsightVMを使用すると、憶測に頼る必要はなくなります。ライブ修正プロジェクトによって、修正計画の進行中に進捗を追跡できるため、遅延の可能性を事前に把握し、必要に応じてリソースの割り当てを調整できます。

プロジェクトの範囲を簡単に設定

InsightVMのLiveboardと同じフィルタを使用して、修正プロジェクトの範囲を特定のシステムと脆弱性に合わせて簡単に指定できるため、修正担当者は必要とする正確な情報を入手できます。的外れな長いレポートを苦労して読むことがなくなれば、誰もが自分の作業に集中できるようになります。

修正ダッシュボードによる進捗の測定

修正ダッシュボードによって、修正プログラムの有効性を可視化できます。カスタマイズ可能なカードを使用して、最も効率よく作業をする修正担当者、期限を過ぎたプロジェクト、残っている作業などを追跡できます。

InsightVMのダウンロード

InsightVMの評価

InsightVMの評価

すべての項目を入力してください



    Sorry your request cannot be completed at this time. Please reach out to sales at +1-866-7RAPID7 or at sales@rapid7.com.

    We love to give you options. 

    This page is also available in English!

    Switch to English Continue in Japanese