InsightVM

連携

導入済みのセキュリティツールと上手に連携

InsightVMNexposeは、SIEM、ファイアウォール、チケットシステムなど、既存の他のソリューションを増強させることができる豊富なデータリソースを提供します。InsightVMおよびNexposeは、40以上の主要なセキュリティ製品と連携する唯一のソリューションです。オープンAPIを利用することで、既存のデータを活用して、他のツールの価値を向上させることができます。

InsightVMとNexposeを次の既存のソリューションと連携させる方法についてご紹介します。

  • SIEM
  • パッチ管理またはチケットシステム
  • クラウドおよび仮想インフラストラクチャ

See the full list of Rapid7 technology partners

InsightVMをSIEMと連携

SIEMと連携させることで、包括的なエンタープライズセキュリティインテリジェンスと脅威管理を実現できます。InsightVM APIを通して提供された脆弱性データを活用することで、最新の状況を認識して包括的な分析を行い、リアルタイムで対応することができます。

SIEMを採用されていない場合や、SIEMのアップグレードをご検討されている場合は、Rapid7 InsightIDRが最適なソリューションとなるでしょう。

InsightVMをパッチ管理およびチケットシステムと連携

脆弱性の迅速な修復やパッチ適用は、現在多くの企業にとっての課題です。さらに、パッチを当てなければならない資産が膨大な量に上ることも問題となります。こういったサイクルの中でギャップが生まれる可能性があり、その結果、企業は攻撃にさらされるリスクがあります。影響を受けた資産を修復するためにチケットをオープンするという対処法は、多くのパッチでは有効な手段となりますが、時にはより迅速な対応が求められることもあります。パッチ管理システムのパッチ管理機能をInsightVMから得られるスキャンデータと組み合わせることで、遅滞なくパッチを適用することが可能になります。

膨大なレポートを見なかったことにして、次のスキャンでは修復に成功することを祈るのはもうやめましょう。InsightVMをAtlassian Jiraと連携させることで、既存のITワークフローに修復を組み込む方法について詳しく解説します。

InsightVMとNexposeを既存のクラウドおよび仮想インフラストラクチャと連携

従来のIT境界線はもはや存在しません。企業ネットワークは今や1時間単位で変化しており、新しい仮想インスタンスやクラウドインスタンスが絶え間なく起動しています。InsightVMをVMWareおよびAmazon AWSと連携させることで、動的なインフラに新たに追加されるデバイスを自動的に検出してスキャンできるようにすることができます。また、他の管理ツールと連携させることで、既存の脆弱性管理プログラムがシステムを見逃さないようにすることも可能です。

Rapid7テクノロジー連携の全リストを見る >

InsightVMの評価

評価版ダウンロード

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese