InsightCloudSec

ユースケース

InsightCloudSecはどのような問題を解決するのでしょうか?

データ侵害からの保護

消費者のプライバシー(またはその欠如)は、非常に大きな社会的関心事であり、プライバシー保護への関心は、カリフォルニア州の消費者プライバシー法や一般データ保護規制などの規制など、数多くの形で現れています。

詳しく見る

IDアクセス管理

組織は、イノベーションを推進するために、クラウドとコンテナサービスを大規模に採用しています。この新しい時代、IDアクセス管理(IAM)は、クラウドやコンテナサービスの安全性とコンプライアンスを実現するための中核となります。これにより、「IDが新しい境界線となる」という表現が生まれました。

詳しく見る

脅威からの保護

クラウドサービスを利用していると、異機種環境にあるソースから送られてくる大量の脅威信号をどう処理すればよいか、頭を悩ませることがよくあります。ノイズからシグナルを読み取ることができなければ、真のリスクを特定し、タイムリーに対処することは困難です。

詳しく見る

一貫性のあるポリシーの適用

クラウドとコンテナサービスを使用することで、新製品やサービスを迅速に市場に投入し、需要に合わせて非常に柔軟に対応できるようになります。この俊敏性は、開発者にセルフサービスアクセスを提供することで実現されることがよくありますが、適切にアプローチしないと制御を失うことになります。

詳しく見る

設定ミスを防止

クラウドサービスにおける設定ミスは、セキュリティとコンプライアンスリスク上のリスクでナンバーワンとなる理由です。クラウドサービス(IaaS、PaaS、サーバーレス、FaaS、CaaS)を使用する場合、セキュリティは、お客様とクラウドサービスプロバイダとの共有責任となります。

詳しく見る

完全な可視性と透明性を実現

企業は、イノベーションとデジタルトランスメーションを推進するために、クラウドを使用しています。しかしながら、ほとんどのセキュリティおよび運用担当者は、使用されているクラウドサービスの可視性を得ることができていません。InsightCloudSecは、Amazon Webサービス、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、Alibaba Cloud、Kubernetes(EKS、AKS、GKE)などの状態を継続的に監視できる機能を提供します。

詳しく見る