insightIDR

ケース管理の効率化

無償試用版はこちら

ケース管理の効率化

InsightIDRによって作成、管理されるどのタイプのアラートについても、対応するチケットまたはケースを、JiraやServiceNowなどのツールで自動的に作成できます。ネイティブのケース管理機能と組み合わせることで、アラート発生時に適切なチームメンバーに確実に通知が届き、対処できるようになります。

チケットの自動生成

InsightIDR内でワークフローをトリガーしてサービスチケットを自動的に作成し、InsightIDRで実行している調査に関するコンテキストを共有します。アラートが確認されたその瞬間にワークフロー全体を起動し、アラートのエンリッチメント、優先順位付け、調査、対応を素早くおこなうことができます。InsightIDR内からログ検索とエンドポイント調査を簡単に切り替えて、ツールをあれこれと使い分けることなく脅威を検出して対応できます。

チーム間のコミュニケーションを強化

チームですでに使用しているツールを接続することで、発生したインシデントまたは脅威に関して全員が同じデータセットに基づいて作業をしていることが保証されます。InsightIDRには完全な調査APIが付属しており、ケース管理とSIEMへの既存の投資を無駄にすることなく、柔軟にアラートを生成して管理できます。自動化によって適切なチームメンバーにアラート、調査結果、その他のデータを提供するようにセキュリティエコシステムを設定すれば、対応の平均時間を短縮し、チームの能力を最大限に発揮できます。

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese