クラウドセキュリティ ポスチャマネジメント(CSPM)

クラウドセキュリティ ポスチャマネジメント(CSPM)とは?

クラウドセキュリティ ポスチャマネジメント(CSPM)ソリューションは、企業のクラウド環境における脅威を特定し修正します。開発者やITセキュリティチームと連携し、自動化によってセキュリティリスクを可能な限り迅速に処理します。その他の重要な機能として、セキュリティリスクの評価、インシデント対応、DevOpsとの統合があります。CSPMソリューションは、様々なクラウド環境(マルチ、ハイブリッド、コンテナ)に対応しています。

CSPMが重要な理由とは?

クラウド環境は非常にダイナミックであり、ますます多くのユーザーがセルフサービスアクセスを通してリソースやサービスをデプロイしています。当然ですが、クラウドインフラストラクチャをサイバー犯罪者から保護するのは、非常に複雑なプロセスです。企業が様々なクラウド(パブリック、プライベート、ハイブリッド、マルチクラウドアーキテクチャ)を組み合わせて使用する現在は、ますます複雑化しています。

言うまでもありませんが、従来のサイバーセキュリティの枠組みは、クラウドにはほとんど当てはまりません。例えば、クラウド環境では、従来のネットワークのように境界の定義がないため、IDとアクセスの管理はより困難です。また、手動によるSecOpsプロセスは、規模が大きくなると非効率的です。また、従来の分散型ネットワークでは、アクティビティや潜在的な脅威に対して管理者はほとんど可視性が得られません。

簡単に言えば、複雑なクラウドアーキテクチャの設定と管理は、依然として困難であるということです。実際、ガートナーは、サイバーセキュリティ侵害の実に95%は設定ミスによるものだと指摘しています。したがって、クラウド環境を適切に設定することは、意図的な攻撃であれ、意図しない設定ミスであれ、様々な脅威からクラウド環境を保護するために重要なのです。

CSPMツールは、侵害の原因となる前に、設定ミスを検知して避けるために必要なクラウドに対する可視性を提供します。自動化された機能で脅威を特定し、可能な限り迅速に対応します。将来的には、AIを活用してリスクの発生場所を予測するCSPMソリューションも登場するかもしれません。最終的に、CSPMツールは、包括的なクラウドセキュリティ機能の一部として、企業に可視性、保護、修復を提供します。

CSPMの利点とは?

CSPMは、セキュリティ侵害につながる設定ミスからクラウド環境を保護するために役立ちます。機密データが公開されて話題になったデータ漏洩の多くは、単純な設定ミスに起因しています。例えば、クラウドストレージサービスの設定ミスにより、機密データが公開されたことがあります。CSPMプラットフォームは、マルチクラウド環境全体の統合された可視性を提供するため、設定エラーは自動的に検知および修正されます。

さらにCSPMツールは、企業のクラウドインフラストラクチャを監視する管理者にとって唯一の情報源となります。アラートは、クラウドサービスプロバイダーごとに異なるアラートが送信されるのではなく、共通の1つのシステムからアラートが送信されます。修正の自動化により誤検知のアラートも低減されます。この機能により、管理者は効率的かつ効果的に作業を行うことができます。

CSPMツールでくkラウドを継続的に監視することで、すべての企業セキュリティポリシーが順守されていることを確認できます。さらに、問題が検知されればユーザーの介入なしに修復を実施します。企業データや顧客データの損失にもつながりうる隠れた脅威もこの対象に含まれています。

CSPMの仕組みとは?

CSPMツールは、利用する企業に様々な利点をもたらします。このツールの実際の仕組みを知ることで、ユーザーや組織は他のサイバーセキュリティとCSPMツールの関係についてより深く理解することができます。ここで学んだ内容は、最終的に、IT、クラウド、SecOps、コンプライアンス、リスク管理を担当する各チームにとって重要な知識となります。

前述の通り、CSPMツールは、企業のクラウドインフラストラクチャ全体の包括的なビューを提供します。リアルタイムで可視化される情報には、アプリケーションやワークロードの設定だけでなく、その他の資産や構成も含まれます。新しいクラウドのデプロイメントや接続が行われると、CSPMツールはそれらを自動的に検知し、潜在的な脅威レベルを分析します。重要なのは、すべてのクラウド資産のセキュリティポリシーを単一のコンソールから管理/適用できる点です。このため、このツールは多くの企業にとって効果的かつ効率的な選択肢となっています。

もちろん、クラウドでなくても自動化は、セキュリティ運用チームの運用効率の向上において重要な役割を果たします。CSPMは自動化を活用して、悪影響を及ぼす前に潜在的な脅威を特定し、修復します。これらの潜在的な脅威には、危険な設定ミス、解放状態のIPポート、不正なアクティビティなどが含まれます。CSPMは、企業のクラウドインフラストラクチャを24時間常に保護するプロアクティブなセキュリティアプローチです。

DevSecOpsの導入に成功している企業は、様々なベンダーツールをシームレスに統合することの重要性を理解しています。CAPMはこれをサポートし、現在のクラウドセキュリティポスチャの状態に関する唯一確実に信頼できる情報源として、ITチームとDevSecOpsチームの両方に情報を提供します。

CSPMと他のクラウドソリューションの違い

クラウドインフラストラクチャ セキュリティポスチャ アセスメント(CISPA)は、クラウドセキュリティ初期における選択肢の1つでした。しかしながらCISPAでは、CSPMが先導する自動化されたプロアクティブなアプローチとは異なり、レポート機能に重点が置かれていました。そのため、複雑なクラウドアーキテクチャには適さない時代遅れのソリューションとなっています。

クラウドワークロード保護プラットフォーム(CWPP)の目的は、クラウド環境におけるワークロードの特定と分析だけです。これは、CSPMのクラウドをベースにしたインフラストラクチャのセキュリティ面をすべて分析するというアプローチと明らかに異なります。CSPMとCWPP、2つのツールを併用することで、CSPMの自動化を最大限活用する統合ソリューションが実現します。

クラウドアクセスセキュリティ ブローカー(CASB)は、クラウドサービスプロバイダとユーザーの間にセキュリティ層を提供します。CASBは、ネットワークへのアクセスを許可する前に、すべての受信トラフィックを分析し、ポリシーの順守を確認します。一般的なCASBの機能には、ファイアウォール、マルウェア対策、データセキュリティなどが含まれます。CSPMソリューションは、ポリシー順守の自動監視機能を特長としているため、共通クラウドセキュリティ対策の一部として両ツールを統合することは賢明な選択です。

CSPM導入のベストプラクティス

CSPMをセキュリティ情報とイベント管理(SIEM)プラットフォームと統合すれば、管理者は企業のクラウド資産全体の全てのアクティビティを一元的に把握できるようになります。このアプローチにより、クラウド環境内の不適切に設定された資産やその他の潜在的な脆弱性を容易に特定して修復することができます。

CSPMソリューションを他のDevOpsツールと適切に統合することは、新しいクラウドセキュリティ アーキタイプの導入を成功させる上で重要な役割を果たします。すべてのチーム(SecOps、DevOps、技術インフラストラクチャ)は、レポート機能とリアルタイムのダッシュボードに対する共通のアプローチからその恩恵を受けられます。

Center of Internet Security(CIS)のクラウドベンチマークは、CSPMを導入するあらゆる企業にとっての重要な目標となります。CISを目標にすれば、絶えず変化し続けるグローバルクラウド環境の進化する基準に組織のポリシーが対応し続けていることの証明になります。

クラウドセキュリティの様々なリスクを分析し、最も重要なリスクに優先順位を付けることに重点を置きましょう。優先順位の低い問題はCSPMの自動修復に任せて、重大な脅威が検知された時にのみアラートを送信します。このアプローチによって、アラートによる疲弊でクラウド管理チームの作業効率が低下するのを防ぎ、自動化では対処できない問題に集中できるようになります。

Rapid7が提供するクラウドセキュリティ ポスチャ マネジメントのためのDivvyCloudついて、詳しくご覧ください

お問い合わせ

We love to give you options. 

This page is also available in English!

Switch to English Continue in Japanese