insightIDR

視覚的な調査のタイムライン

無償試用版はこちら

視覚的な調査のタイムライン

62%の組織が、調査できないほどの量のアラートを受け取っていると回答しています。そのような状況では、ユーザーの行動をつなぎ合わせ、エンドポイントデータを収集し、既知の正常な行動を検証しても、結局また別の誤検知が見つかることになるでしょう。InsightIDRは、ログ検索、ユーザー行動、エンドポイントデータを1つのタイムラインに結合し、スマートな意思決定を迅速におこなえるように支援します。どれほど迅速かというと、お客様の報告によれば、調査が20倍ほど速くなります。

侵害の兆候(IoC)の特定

侵害の兆候を追跡するために脅威を使用できます。InsightIDRでは、独自の脅威を作成するか、Rapid7の脅威または別のコミュニティの脅威を使用して防御に追加できます。脅威内で追跡されている侵害の兆候をInsightIDRが検出すると、アラートが自動的にトリガーされます。

イベントの関連付けによる攻撃のマッピング

InsightIDRは、環境で毎日発生する数百万のイベントを、それらの背後にあるユーザーとアセットに直接関連付け、組織全体にわたるリスクをあぶり出し、検索する場所を優先順位付けします。

攻撃を迅速に検出して封じ込め

攻撃者が1つの場所のみを対象にすることはめったにありません。InsightIDRの高度な検索機能によって、セキュリティアナリストは、インシデントの検証からその対象範囲の迅速な特定へと切り替えて、インシデントをすぐに封じ込めることができます。

封じ込めコストの低下

InsightIDRは、侵害の影響を調査して範囲を確認し、完全な封じ込め戦略を決定するまでの時間を短縮します。ユーザー、アセット、アクティビティ別にすべてのデータが関連付けられ、調査の拡張、切り替え、絞り込みが容易になります。

今すぐInsightIDRの無償試用版を利用開始

30日間の無償試用版