脆弱性管理マネージドサービス

脆弱性管理
マネージドサービスの
メリット

無料コンサルテーション

脆弱性検査結果の検証と優先順位付け

検査結果を検証することで、修正計画に対して優先順位付けを行い十分な情報に基づく意思決定が可能となります。

人的リソース不足の解消

脆弱性管理マネージドサービスのチームが、システム構成、スキャン、レポートを実施するので、お客様は、トレーニングのために時間をかけたり、他の重要な施策が実行できなくなったりする懸念がなくなります。

プログラムの投資対効果を測定

お客様毎に異なるプログラムのゴールを達成するために、管理指標に基づくスコアカードを使用して、脆弱性管理プログラムの成功に向けた進捗管理ができます。さらに、プログラムを成功に導くために、四半期ごとにRapid7とお客様の間でレビューを実施します。

運用リソースのキャパオーバーを削減

脆弱性スキャンをリモート管理することで、人員コスト増やハードウェアとソフトウェアの更新にかかる労力の負担を解消します。

InsightVMのテクノロジーを最大限に活用

潜在的な脅威に対して万全なセキュリティを確保させるために、脆弱性管理プログラムに対して適切な対処を行い定期的な分析を実施する必要があります。社内に人材やスキルがなくても、マネージドサービスならすべてRapid7にお任せいただけます。

攻撃者の視点に対する深い洞察

InsightVMは、脆弱性の検査に加えて、管理と検証、優先順位付けされた修正計画を提供可能な、唯一のオールインワンソリューションです。専門チームが運用するRapid7のテクノロジーにより効果的かつ効率的に攻撃対象領域を削減し、リスクを管理することが可能です。

定期的なネットワークの脆弱性検査

インフラストラクチャとコンプライアンスの必要性について特定の領域に重点を置いて定期的な監査が実施されます。四半期ごとに脆弱性管理プログラムのヘルスチェックについて経営層と共にビジネスレビューを実施します。

対象領域に対するスキャンとレポート

インフラストラクチャ領域(社内、社外、Webアプリケーション、データベースなど)もしくは、組織に固有のコンプライアンスに焦点を当てたスキャンとレポート。レポートはロールベースで作成することができます。また、アセットや脆弱性のフィルタを含めることができます。

重要事項のレポートと経営層向けの状況説明

組織毎に異なる要求に応じて、エグゼクティブサマリー、技術的な詳細、ベースラインの比較、修正レポート、および限定的なカスタマイズレポートを配信します。進捗状況を明確にするため、カスタマーアドバイザーが経営層のレビューに参加することも可能です。